スイングセッターでグリップ矯正

ゴルフ上達に欠かせないのが正しいスイングの習得ですよね。
スイングには4つの要素があります。
まず一つめはグリップです。
スイングセッターに装着された「モールデットグリップ」によって正しいグリップを身につけられるということです。
「モルデットグリップ」は白いマークにと突起している部分によって手を合わすだけで正しいグリップへと導いてくれます。簡単ですね。
中には握ったときに違和感がある場合もあります。
しかしそれは正しいグリップへ移行する兆しではないかと思います。。
自分ではなかなか正しいグリップというのは分かりませんよね。
写真を見て握ってみても、正しいとハッキリ分かりますか。皆さんも経験あると思います。

グリップの握り方は大きく分けて3種類だそうです。
オーバーラッピンググリップ、インターロッキンググリップ、ナチュラルグリップです。
オーバーラッピンググリップは右手の小指を左手の人差し指に乗せる握り方ですね。大半の方がこの握り方で利点はスイング中にずれにくいことと、また両手の力が均等になりやすいことです。
インターロッキンググリップは左手の人差し指と右手の小指を絡ませる握り方で、握力の弱い方に有効です。ナチュラルグリップは10本の指全部で握る方法でジュニアゴルファーや非力な方向けと言えるでしょう。

注・スイングセッターはナチュラルグリップに対応してはないようです。

グリップは基本ですから正しいグリップを身につけたいですね。

【飛距離アップの秘密兵器】【日本正規品】【日本語DVD&解説書付】デビッド・レッドベター SW...
| 効果
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。