スイングセッターでスイングプレーンの確認

正しいスイングのポイント、2つめはスイングプレーンに乗せるということです。
ご存じの通り、スイングプレーンとはスウィング中にクラブヘッドが描いてできる面のことです。
スウィングプレーンはボールの飛び出し方向や球筋に大きく影響を及ぼしますからとても大切ですよね。

スウィングプレーンはゴルファーそれぞれの体型によって変わってきますので、なかなか練習も難しいと思います。背が高ければ、アップライトな面になり、逆に背が低ければ、スウィングプレーンはフラットな面になるのです。
 クラブの長さによってスウィングプレーンが変わってくることにも注意してください。ドライバーの場合はボールとの距離が遠いのでフラットになり、逆にショートアイアンになると、ボールとの距離が近くなるので、アップライトなスウィングプレーンになるんですね。

なににしろとにかく練習あるのみなんですが、やはり指針が無ければ練習が無駄になってしまいます。
スイングセッターのプレーンポインターでスイングプレーンを確認してはどうでしょうか。

グリップエンドから、伸縮する「プレーンポインター」により、スイングプレーンの確認が可能になってます。クラブをどのように動かすのかをしっかり確認しながら練習できます。

【飛距離アップの秘密兵器】【日本正規品】【日本語DVD&解説書付】デビッド・レッドベター SW...

| 効果
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。